読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルとセンとが流通するブログ

スマブラやその他遊んでいるゲームについて思うままに

ヒットストップ利用の仕込み

スマブラ4 考察


ヒットストップ発生時とそうでないときで別の行動が出るように仕込むこと
格ゲーやってる人にはバクステ狩りとして弱P>弱Pずらし強Kの仕込みって言えばそれだけで原理が理解できるかも
 

 
格ゲーやってなくてよく分からないという人に向けて具体例出して説明すると
ディディーで下強>即下強>ダッシュと入力します
そうすると
・下強がヒットした→ダッシュになるので確認から空上や投げ
・下強がヒットしなかった→もう一度下強が出てその場回避なら狩れる
 
ということができます
 
他にどんなことが出来るか無い知恵を絞って考えた具体例
()内の行動を仕込んで当たらなかったらその行動になります
 
ヨッシー 弱>(後転)>下B
・シーク 鉈>(後ろダッシュ)>跳魚
・格闘Mii SJNA>(先行振り向き>後ろダッシュ>TANIステ)>ダッシュ
 
最後とか難しすぎてキーレコーディングがないと本当に成立してるのかわからないレベル
 
一見強そうに見えるものの、ヒットストップの有無で変更しているためガードでもヒット時と同じ行動を取ってしまいます。つまり鉈ガードされても跳魚が出る
格ゲーはガードさせても有利な状況を作れるので問題ないけどスマブラだと致命的
 
というかそもそもシビアな確認を必要としないゲームだからここまで頑張る必要もないのかもしれません
 
 
ただ、仕込む行動を一つ減らして、当たらなかったら特定の行動を取り、ヒットorガード時は見てから判断するという仕込みは有効だと思います。
これなら手癖で入力している人もいるはず
 
例えば
疾シュルク SJNA>(弱)
マック 下強>(弱)
などなど
 
 
ちなみにドルプリンは調子がいいと空前振った時点で「やべえ、これスカったら反撃もらうやつ」って時に眠る仕込んでたりしてます
空前が当たってたら何も起こらない。もっとも相手がスカ確取ろうとしなかったらただのぶっぱ眠るになっちゃうんですけど
 

この手のセットプレイは崖や受身狩りで真価を発揮するんじゃないでしょうかね?