読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルとセンとが流通するブログ

スマブラやその他遊んでいるゲームについて思うままに

眠るポイント

自分が狙っているポイントまとめてみました
今作は判定が広がったので雑な位置調整でも当たって楽ですね

本当はリプレイから直撮りして実戦で決めてる動画も一緒に載せようと思ったけど多分あと1か月はかかるから先にまとめとく



① 内側回避読み眠る
内側に受け身するのも崖のぼり回避も含めて
SJ空下眠るの確定コンボを取り上げられた今回のメインとなる当て方
回避を読んだら相手が動くより早く回避先に動き始める、回避が見えたら眠る
そのため厳密には回避読み眠るではなく回避読み移動
これの優れたところは回避してなければ眠らなければよいので読み負ても何も起こらず、しかも回避一回分の間合いというのはプリンにとって立ち回りやすい間合い
そのため自分のプリンは絶えず回避狩りを狙う位置取りをしている


② ガード反撃、その場回避、しゃがみスカ眠る
DAやD掴み、こちらに近づきながら振ってくる空中攻撃、硬直差の大きい攻撃に対して
特に今回は突進技が強化されているので甘えたDAにはきっちりお仕置きしていきたい
ガードからは解除眠るGCジャンプ眠るなど使いわけが必要なときもあるので技ごとに覚えたい。自分みたいに直感で使い分けてるのは良くない
またD掴みは先端だとしゃがみで避けられるものも多い。中距離でしゃがむのは割とローリスク


これらは相手の行動の後隙を狩るものなので画面が見えてる人なら確定する
逆に言うと相手に依存するためどうしても受動的になってしまう
そこで下の選択肢


③ 空前カス当て眠る、空下眠る
一部%ではコンボカウンターが回るのも確認してるが実戦では繋がらないものと考えて択として狙っていく
ヒット後は相手の飛び具合を確認してジャンプ眠る急降下眠るに切り替える
特に空前カス当てからは展開も早く相手の反応より先に眠ることも出来る
狙うときはジャンプと同時に空前や空下を出すと良い位置になりやすい
ちなみに空前本当てや空後からでも繋がる%があったりする


④ 横回避眠る、空中回避眠る
自分から回避で近づいていって眠る
相手の飛び道具など隙の大きい牽制に横回避やSJ空回避で距離を詰めて後隙に差し込む方法
SJ空回避のほうが微調整が効くが逆に言うと微調整をしないといけないとも言える
ただSJ空回避>空NAが出せる点でこっちのほうが融通が効きやすい
空対地の上スマに対しても着地しない高度での空回避から狙っていける
下から来るジャンプ攻撃対空を空回避で避けたときも狙う機会ではあるが、y座標も揃える必要があるためラッキー程度に
ミスったら⑨に移行


このあたりが出来てればプリン使いとしてかなり高いレベルに行けると思う
大会で使うサブとしてプリン選んだなら出来るようになりたい

ここから下はプリンで大会上位狙う人向け


⑤ ジャスガ眠る
主にこちらへ飛び込んでくる空中攻撃をジャスガして眠る
このときしゃがみからシールドすると喰らい判定とガード判定の関係からジャスガしやすく、またガード解除眠るの入力でその場回避することもなく一石二鳥
ジャスガのメリットはいくつかあるが、ここで重要なのはノックバックが無いこととガード解除の硬直をキャンセル出来るところ
ガード解除>眠るずらしジャンプと入力することでジャスガ時は眠る、通常ガード時はジャンプという仕込みもある。手が忙しいがジャスガミスっても反撃が取れるよう空中攻撃まで入力したい
相手の空NA暴れなんかをジャスガ取れるとスマート


⑥ 対空眠る
相手の空中攻撃をしゃがみでスカしつつ眠る
相手は絶対に反応出来ないため偶然急降下をしようとしていない限り下変更はされず早期バーストも可能
狙いどころはジャスガ眠ると同じだが、なりよりカッコ良いという最大の利点がある


⑦ 割り込み眠る
シークの横強>鉈など相手の連携に割り込んで眠る
軽い吹っ飛びを受けた後、こっちに来そうなら思い切ってみる一手
考え的には③空前眠るの逆バージョン。攻撃を喰らって眠る当たりそうな臭いがしたときがチャンス
こちらが低%のときカスヒットなら確反取れる技もあったりする
また弱3段がプリンには繋がらないキャラも多いため避けてから後隙に差すことも出来る


⑧ 空上眠る、上強眠る
ごく低%限定で繋がる。つまりバーストには足りない
反撃は確実にもらってしまうものの9+20+花あるのでダメージ差ではまず間違いなく勝てる
開幕で当てられると試合展開だけでなく精神的に優位に立てる


⑨ 誤魔化し眠る
突進技ガードされたら昇竜拳。誰しもが格ゲーで通る道
DAとかがガードされるとどうせ反撃確定なんだから眠る擦っとこうという図々しい選択肢
④回避眠るを狙ったら様子見されてた場合にも嘘臭く誤魔化すときもある
ただしやりすぎ注意


⑩ ダウン追い打ち眠る
空NAカス当てなど相手の受け身ミスでダウンする機会が少なくない
空NA中に頑張って前移動しつつダウン確認から眠る
DAで妥協するのも悪くはないが、出来ることなら狙いたい
ちなみにその場受け身も狩れ、後方受け身はDAを差せるマルチ択


⑪ はたくに反撃ミス眠る
対地で振ったはたく上シフトがガードされるもガーキャン掴みが空振ったとき眠るが入る
どうせはたく使うなら頭に入れとく価値はある
Xではお世話になりました


⑫ 漏れその場回避に眠る
攻撃をその場回避で避けようとしたが先にガードしてしまうとガード後にその場回避が出る、ときもある
そのためDAがガードされても相手のその場回避が漏れてたら眠るが確定する
どうせry


世界中で自分にしか使えないであろう択

⑫ 着地眠る
相手が最速ガーキャンで反撃を狙ってるとき、空中攻撃を振らずそのまま着地して暴れ潰し的に眠る
急降下が速くなったことで逆に相手の反応が間に合わずそのまま眠るをガードされてしまうことも増えた
空中攻撃で急降下がなくなることを利用して高い位置から急降下>空前(当てない)>着地前に眠るで似たような暴れ潰しできないだろうか


⑬ グラ潰しダッシュ
相手が着地するときなど、ガードを展開しがちなタイミングで普段より多めに走って投げ潰し眠る
このゲームで投げの発生前を潰す必要は一切なく、普通に考えてダッシュその場回避眠るで投げスカに合わせればいい
ただ、この択があると思わせればガンダッシュはたくでガークラ狙う択が使える
ちなみにプリンはダッシュが遅すぎるせいで相手を追い越すことが出来ない
実は後方回避を狩れるマルチ択