読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルとセンとが流通するブログ

スマブラやその他遊んでいるゲームについて思うままに

8人乱闘感

考察 スマブラ4 オリジナルルール

フラゲ勢(輸入)のおかげで一足先に楽しんできました

4人なら画面見えるけど8人意識するのはさすがに無理

このハチャメチャ感にデジャブを感じると思ったらぬらりひょんの孫百鬼繚乱大戦だコレ

 

・8人乱闘

何かを振れば何かに当たるというこの物量

効果範囲の広い切り札で+4とか当り前のように発生するので大会開いたら誰が勝つか本当に予測できない

ステージが8人乱闘用に制限されているが洞窟大作戦やエンジェランドは広すぎて不評

 

 

・2on2on2on2

4人乱闘が二人一組で協力する形になったのでストックだと結局逃げたもの勝ちになってしまいがち。やるとしてもタイム制主流になるのかな

ただストックの面白さとして2対1対1対1から同盟結んで2対3になる展開が熱い

 

・4on4

8人制の目玉ルール。面白いに決まってる

先日のニコニコ公式大会でチーム戦における役割分担の重要性が示されたけど、それをさらに特化した感じ。極端な話ファルコでブラスター撃ってるだけでも役割持てる

また普通のチームはTAありが主流だけど4on4はTAなしが主流になりそう。というか乱闘と違って目の前にいるキャラが敵か味方か判別してから行動しないといけないので頭がパンクする

ステージが大戦場が最強。ほかのデフォステージは無し

終点化はどうなるだろう。飛び道具が強すぎるけど、それこそ役割決めて反射吸収持ちがどのように立ち回るかで差がついて面白いとは思う

味方の弾が活きるように反射持ちに粘着しようとしたら相手がフォローに回って……とか考えると1発1発の牽制より誰をいつ狙うかみたいな意識配分が重要になりそう

 

 

・4on4で猛威を振るいそうなキャラ

むらびと

遠距離でのハニワ、上取ってボウリング、味方の後ろからパチンコでフォロー、挙句の果てに強力な飛び道具はしまうと出来ることが多すぎる

むらびと×4にしてもめちゃくちゃ強く、同キャラ禁止にしたほうがいいんじゃないかって話も出てるレベル

弾キャラを扱う時はむらびとにしまわれないように慎重に撃たなければならない。トロンをしまわれたら-3は覚悟してもいいレベル

 

ルフレ

トロンがとにかく強力

タイマンではパッとしない吹っ飛びでも飛距離∞+貫通効果でまず間違いなくだれかに当たる

ガードでも1秒近く拘束されるためガークラや掴み>スマッシュを決められガードすら許されない極悪性能

中距離でも味方の後ろからギガファイアーで制圧でき、空上でフィニッシャーになることも出来る

 

リトル・マック

アーマーを使って最前線で荒らすだけでなく味方のフォローとして動くこともできる

飛び道具と一緒に走ることが出来、止める手段を持っていないとこれだけで負けることもあり得る

またガード安定な状況が多いためそれを崩せるKOアッパーの存在は大きい

 

メタナイト

ディメンションマントが本気で見えない。だって消えてるし

竜巻も判定が弱くなったとはいえヒットストップがついたおかげで拘束時間があまりにも長い。味方のむらびとの真下に竜巻で運んでボウリングでフィニッシュなんてことも出来る

 

ロゼッタ

アイテムキャプチャーが全て

それ以外の役割といえば台上に空上で圧力をかけるくらいしか出来ないが、それを補って余りあるほどキャプチャーが強力

ただしキャプチャー中に殴られることが多々あるため味方にフォローしてもらうことは必須

要介護おばさん

 

ゼルダ

しまう無効のディンの炎、反射持ち、台上へフロルなどむらびとキラーになりうる素質を持っている

ルフレと違って混戦状況でも下スマやフロルで自衛が出来るのも評価高い

 

パックマン

消火栓の制圧力が異常

ゆっくり飛ぶおかげで消火栓に意識を向け味方を動きやすくする。そういう意味ではサポートとしてはトップクラス

鍵が貫通する飛び道具な上にバーストも狙え、さらにTA無しルールにおいて数少ない復帰フォローが出来る